長年、千葉〜山梨と渡り歩き
今は地元京都でイラスト活動をしている
イラストレーターいわたまさよしです。


金曜日はゆるーいブログ。
さらっと読んで頂ければ嬉しいです。


:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

はい、今日はイラストとは
まったく関係ないです(^^)


みなさんそれぞれ、
好きな映画ってあるかと思います。


114809_01
(参照:YAHOO!映画

僕はこれ。
ハリソンフォード主演の
「ブレードランナー」


1982年上映という事は…
僕はまだ3歳ですね。


でも古さを感じさせない、
色あせない魅力がつまった
名作だと思っています(^^)


そもそも、
なんでブレードランナーを
知ったかといいますと、


あのスーパーウルトラ
永久に不滅の伝説のバンドBOØWYの
JUST A HERO ツアーのステージは
ブレードランナーをイメージしたものだと、


中学生の頃知って、
駆け足でビデオを借りに行ったのが
ブレードランナーとの出会い。
興味のない方すみませんね(^-^;)



で、本題に戻ります。



このブレードランナー、
簡単なあらすじを言いますと、


〜2020年の近未来(もうすぐ笑)
感情を持つ人造人間レプリカントと
捜査官ブレードランナーとの戦い〜



4年しか寿命のない
レプリカントの葛藤など、
アクション映画とはまた違う
奥深さもありますがここでは割愛。


さてさて、
ハリウッド映画で近未来を描く時に
色彩豊かな「和モダン」の雰囲気を
取り入れる監督さんも多いみたいです。


なぜだかわかりませんが、
海外の人って「和」と「未来」を
結びつけて描くのが好きなのかも。


それだけ、
日本が世界的にも認知されているのは
とても嬉しい事なのですが…


ですが…



さすがに…



20623777_1479007975550324_991975048_n

これはあきまへん。


×「カケテル」
×「基礎の充実の上に」?
×「お手持ちの鳥口」?
○「壷」
×「人造P生」
◎「おいしい料理」


映画の中で中国の俳優さんが
一生けんめい片言の日本語を話して
「日本人」として登場するのは、
まだ許せます。


俳優さんのパッションと
一生懸命さが伝わります。


でもこの看板作る前に、
なぜ日本人に確認しなかったのか?


終始どんよりとした映画なのですが、
その雰囲気とのギャップもあいまって、
このシーンで必ず吹き出します。


そんなギャグ要素たっぷりの
ブレードランナーも35年ぶりに続編が!




今年の10月上映です!
絶対に見に行きます!!


うおーかっこいーー( •̀ㅂ•́)!!


あっ、でも日本語だけは
ほんとお願いしますね…


ども。



HP:イラストレーターいわたまさよしのThis is illustration!
HP:Studio CUBE.〈キューブは6タッチ〉岩田将尚・小松亜紗美

*******************************