長年、千葉〜山梨と渡り歩き
今は地元京都でイラスト活動をしている
イラストレーターいわたまさよしです。


火曜日はゆるーいブログ。
さらっと読んで頂ければ嬉しいです。


:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

先週末、
地元からすこーし離れた
洛西ニュータウンでお買い物。


スケッチブックが
もうあと少しなので、
鴻業堂さん(こうぎょうどう)へ
仕入れにいってきました(^^)

23798931_1599028516881602_466747872_o

すっごいレトロで素敵な商店街。
この写真の右側にお店があります。


近くに美大があるので、
専門的な画材も多く取り揃えてます。


またお店の方も親切丁寧。
とてもおしゃべり好きなので、
画材でわからない事があれば
親身になって相談にのってもらえます。


この日はスケッチブックと
鉛筆を購入してきました。

23798812_1599028480214939_1379958329_o
マルマン
アンチークレイドクロッキー


このスケッチブックを
愛用している理由はコレ。

23798630_1599028453548275_898523556_o

紙がきいろっぽくて
あたたかみがあります(^-^)


経年劣化した書物みたいな質感。
スケッチブックを開いた瞬間の
わくわく感。これすごく重要ですね。


それともうひとつ。

23828597_1599028426881611_1455632584_o

ステッドラーの鉛筆


濃さはHでもBでもなくF。
Fってあまりなじみないですよね。


FARM(しっかりした)
という意味があり、
濃さはHとHBの中間です。


ここは作家さんによって
個性が分かれるところ(^^)


濃い鉛筆が好きな人もいれば
硬い鉛筆が好きな人もいます。
シャーペンで描く人もいれば、
直接パソコンで描き始める人も。


以前は僕も色々試してみましたが
今はこの鉛筆とスケッチブックで
落ちつきました。



スケッチブックの最初の1ページ目、
何を描こうかワクワクですね(^-^)


ども



HP:イラストレーターいわたまさよしのThis is illustration!
HP:Studio CUBE.〈キューブは6タッチ〉岩田将尚・小松亜紗美

*******************************