長年、千葉〜山梨と渡り歩き
今は地元京都でイラスト活動をしている
イラストレーターのいわたまさよしです、ども。


いやー。
朝晩涼しくなってきましたね(^^)


夏の暑さが大の苦手なんで、
僕は秋が一番好きです。
みなさんはどの季節が好きですか?


さて、このぽかぽか陽気。
暑さがマシになってきたとはいえ、
まだまだ女性に大敵の紫外線がたっぷり。


よく日焼け止めやサングラスとかに
UVカットって言葉を耳にしますが、
これはUltravioletの略。強そうす。


この紫外線、
ギリシャリクガメの我が家の
ビリーには絶対必要なんです。
P9260035
紫外線は体内でビタミンD3を作り出し、
カルシウムの代謝、吸収を行います。


簡単に言うと、
甲羅や骨を形成、皮膚の殺菌をするのに
絶対に必要なんですね(^^)


ついでにいうと、
カメは変温動物なので、
自分で体温をあげることができません。
昔、理科で習いましたね(^^)


よくミズカメさんたちが
ひなたぼっこしてる風景を見ますが、
あれはお日様で体を温めてるんです。
バスキングといいます(^^)


いつも前置き長くなりますが…


家の二階のリビングには、
ベランダに繋がる段差があり、
室内カメのビリーにとって、
恰好のバスキングポイント。


この段差をどうしても活かしたいと
階段を作って観察してみました(^^)
PA070009
まずは、段差にのせてみました。
期待通りひなたぼっこしてくれてます!
PA070011
どうやら体が温まってきたようです。
降りれるか…様子をうかがってます。
PA070012
まだ様子をうかがってます。
PA070013
おっ、動きだしました(^^)
PA070014
エスカレータのように
スムーズに降りてきました(^^)
PA070015
到着( ்▿்)


わりと気に入ってくれたみたいで、
このあと自分で登ってました。


リクガメは飼うのに多少知識は必要ですが、
ミドリガメなどのミズガメを飼ってる方、
わりと多いと思います(^^)


日本の気候に適したカメさんなので、
飼育は比較的簡単なのですが、
ミズガメさんも紫外線は絶対に必要。


水槽で飼う時はインターネットで
ぜひ飼育方法を調べてくださいね。


保温球と紫外線ライトがないと、
カメさんにとって生きる事自体
つらい環境になります。


生き物は大切に育ててあげましょう(^^)
P1040589

ども。



HP:イラストレーターいわたまさよしのThis is illustration!
HP:Studio CUBE.〈キューブは6タッチ〉岩田将尚・小松亜紗美